おはようございます。

サン薬局の福山です。

私ごとですが、先日誕生日を迎え一つ歳をとりました!

「若く見えるね」と言われることが嬉しいここ近年です。

まあ、めったに言われませんが(笑)。

歳を重ねても、今までと同じようにいろんなことにトライしていき

たいのが願いなんですが、よく「歳のせいで〇〇が出来なくなった・・」

「若い時は全然平気だったのに、歳のせいかしら。。」という声を

良く聞きます。

古代ギリシャの哲学者、アリストテレスはこう言いました。

「老化とは乾燥への過程である」。

赤ちゃんの時は、みずみずしく水分が豊富です。

新生児では体の約75%が水分、子どもでは約70%。

ところが成人になると約60~65%、

老人では50~55%になってしまいます。外見もハリが

失われ、しわが増えますが、体の内側も加齢とともに水分が

失われていくんですね。

この歳と共に失われていく潤いを、

中医学では「精」という言葉に置き換えて考えます。

ちょっと難しいのですが、「精」とは人体すべての物質の

基本となり、生命活動のエネルギーとなります。

「精力つけないと!」とよく言いますよね。

また、生殖機能に作用し、妊娠や出産の機能を維持したり、

子供の成長や、成人以降の老化スピードにも関係が深いのです。

どこかのコマーシャルで、女性は7の倍数で変化するってあり

ますよね。中国の古い医学書でも、女性は28歳で「精」が最高に

充実し、35歳くらいから老化が始まる。。とあります。

歳のわりには疲れる、白髪が多い、物覚えが悪くなった。。という

のは、もしかしたら水分=「精」不足が原因かもしれませんよ。

漢方薬だと「補腎薬」というものを用います。

「補腎薬」にもいろいろ種類があって、そのなかで体質にあった

ものをチョイスします。

私も「若く見られる」ために(笑)、そして年齢以上にエネルギッシュ

に活動する為に補腎薬をずーっと飲み続けています。

最近はコレ。

20140921_175710

どろっとした練り薬で、お湯に溶いて飲みます。

冬の乾燥対策にも!

 

 


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。