» 漢方コラムのブログ記事

のぼせ、ほてり、イライラなど更年期障害のような症状が、
40歳よりずっと若いのに出る。
もしくはとっくの昔に閉経したのに出る。
「更年期って年齢でもないのに更年期障害になるんでしょうか?」
という相談がよくあります。

実際にストレスやホルモンバランスの乱れで更年期障害と同じ症状が年齢に関係なく出ていることは多いです。
「更年期障害に似たようなものですね」と店頭で説明していますが、もっといい言葉がありました。
それが「血の道症(ちのみちしょう)」です。

「血の道症」とは思春期から老年期まで広い年齢にみられる症状。
主症状は、のぼせ、動悸、気分が悪い、気がめいる、怒りやすい、つかえる感じ、圧迫感、うつ、ヒステリーなどの神経症、頭痛、めまい、動悸、おなかのハリ、げっぷ、吐き気、全身のほてり、しびれ、頭重、耳鳴り、震え、ひきつけ、けいれん、不眠など。
単独で起きたり、複合で起きたりしますが、血流関連(瘀血)の症状が最も多いとされています。
血流の悪さで起きる症状もありますが、胃腸症状、水毒、ストレスなど原因はさまざまで、症状も更年期症状と同じです。

もっというと更年期障害が、血の道症の一つであり、
更年期障害(40-55歳ぐらい)が血の道症(思春期~老年期)に含まれている感じです。

なので、「更年期って年齢でもないのに更年期障害になるんでしょうか?」というのは、なってるといえばなっているし、正確にいうと「血の道症」で更年期障害と同じ症状がでている状態です。

三大婦人方といわれる当帰芍薬散、加味逍遙散、桂枝茯苓丸を使われることも多いですが、その他にも、「血の道症」を改善する方法や漢方は多数あります。

風邪に葛根湯で有名な葛根湯。
飲んでも効かなかったという方も多く見受けられます。
なぜ葛根湯が効かなかったのか?

一つは、葛根湯の証でなかった可能性。
のどの痛みには葛根湯はあまり効きません。
のどの痛みは銀翹散を使います。
「私、風邪はののどからくるのよ」という人は葛根湯が効きにくいと思います。
また、汗がないときは葛根湯ですが、汗がじわじわ出ている時は桂枝湯の方がよく効きます。

もう一つは葛根湯の証だったが、葛根湯を飲んだのに治らなかった可能性。
なぜかというと葛根湯が風邪を治すわけではないから、葛根湯を飲んだだけでは治らないことがあるのです。
葛根湯は発汗療法のうちの一つで、うまく発汗させないとカゼは治りません。

葛根湯を飲んで、発汗させればカゼが治り、葛根湯よく効いたなーとなります。
うまく発汗させるためには、
①おかゆやうどんを食べて、薬力を助ける。
②厚着したり、暖房をかけたり、毛布にくるまったり温かくする。
③汗が出ないときは~~する。
④一服で汗が出たら服用を止める。汗がでなければでるまで飲む。
 身体から汗がでて、下着を3回変えるぐらいが良いらしいです。(緒説あり)

というわけで、なぜ葛根湯が効かなかったのかは、そもそも薬が違うか発汗をしてカゼを治すことをしていなかったのではないかという可能性があります。
ほかにも体力・免疫力の落ち込みやストレスなど体調悪いとカゼが治りにくい場合もあるので、この限りではありません。

(参考文献:漢方治療44の鉄則 坂東正三)

お正月に飲むお屠蘇ですが、初めて飲んだ時は「まずい!お金払ってまずいお酒に!」とビックリしました。
そもそもお屠蘇は生薬でできていますから何か代わりになるものがないか調べてみました。

手持ちのお屠蘇の構成は、
桂皮、山椒:冷えをとって腎を補う
茴香、陳皮、丁字:胃腸を温めて元気にする
桔梗、浜防風:肺に良い

なんとなく長寿を願う補腎薬と胃腸薬と風邪予防といった中身になっています。
代わりになりそうなのは、晶三仙、亀鹿仙、百潤露あたりでしょうか。
自分は味が苦手だったので、今年はこの3つを飲んでみようと思います。

1年間の邪を払う縁起物ですが、この邪の指すところは昔はリスクが高かった肺炎や風邪、お正月のごちそうやお酒の湿邪あたりだったのかもしれませんね。
胃腸薬や補陽薬、風邪予防あたりを何か飲んでおくと、寒い冬を元気に過ごせそうです。