血糖値が高い方の食事

| 未分類 |

おはようございます。
サン薬局の福山です。

昨夜のたけしの健康ニュースでを何気なく見て
いたら、血糖値に関する内容を放送していました。

糖尿病の方、予備軍の方などで、
食後血糖値が激しく上昇してしまう方に
おすすめの食事のとり方なのですが、

血糖値が高い方は、食後の血糖値が急上昇して
しまっています。この急上昇するのが問題で、
急上昇することで、血糖を下げるインスリンが多量に
放出されるのですが、これが続くとインスリン放出
している膵臓が疲弊してしまって、インスリン事体も
うまく出ず働きもわるくなってしまいます。

これを防ぐためには、かならず、食事の最初に
「野菜」を食べましょう。とのことでした。食事の
順番ですね。野菜に含まれている食物繊維は小腸で
吸収されるのに時間がかかり、糖が小腸に入ってきた
時に、糖にからみつき吸収を阻害するんだそうです。

体のエネルギー源である糖ですから、体は取り込もう

という作用が働き、最終的には吸収されるんですが、
吸収されるのは長い長い小腸の後半部分になってから。

ゆっくりと吸収されるわけですね。

自然に血糖値の上昇もゆるやかになります。

番組で実験していた糖尿病予備軍の主婦の方も
朝35グラムのキャベツの千切りを先に食べただけで
食後1時間の血糖値が、同じものを食べた前日に比べて
24も下がっていました。
しかも、この食物繊維っていうのは吸収に非常に時間が
かかるので、朝食時の野菜がお昼になっても小腸に
まだ残り、昼食後の血糖値も前日に比べて下がって
いました。

血糖値急上昇を下げるために、GI値が低いものを食べたり
野菜から先に、食べるというのはよく知られていることですが、
この食物繊維の例は初めて知りましたよ。次の食事まで
作用するんですね。

この時期の食物繊維が豊富な野菜、ごぼうや春菊を
食卓に取り入れていきたいですね。

 

 

 


トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。